キャットフードは有名だからで選ばない

キャットフードと添加物

今の時代ペットを家族として迎え入れ大切に育てる方が増えてきています。しかし、ペットは人間と同様におしゃべりはできません。そのため自分の要求を相手に伝える際には身体を使って表現して伝える努力をします。しかし、相手(飼い主など)に自分の思いを伝えるのは難しく失敗してしまうこともたくさんあるのでしょう。だから飼い主である私たちがペットが安全に安心して暮らせる環境を提供してあげることが大切なのです。

ペットたちに安心して暮らしてもらえるように、生きるうえでもっとも大切な「食」に注目していきたいと思います。今回はキャットフードの危険について解説していきます。

キャットフードを購入する際に注意しなくてはならないのは「添加物」です。とくに化学薬品や酸化防腐剤などが使用されていないキャットフードを選ばれることがポイントです。では、添加物とはどのようなモノを指すのでしょう。

前述した化学薬品、酸化防腐剤はキャットフードの成分表記に「BHA」や「BTA」と記されてます。どちらの成分にも発がん性が指摘されています。また、最近では半生フードやジャーキーなども販売されていますが、こちらの製品にはプロピレングリコールという化学合成物質が配合されている場合が多く猫の体内に取り込まれると貧血を起こす危険もあります。完全に無添加のキャットフードというのはなかなか存在しませんが、よく目にする「着色料」については発がん性物質やアレルギー物質をつくる働きがあることを覚えておきましょう。キャットフードの価格もある程度の目安になります。

↑ PAGE TOP