キャットフードは有名だからで選ばない

キャットフードでダイエットもできます

猫の太り過ぎは、おやつの食べ過ぎや餌の食べ過ぎ、運動不足などが原因です。家族のアイドル的存在の猫であれば、家族がお互いに見ていない場所で、おやつをあげていることもあるので、飼っている猫が太り始めてきたら、余分なおやつを与えていないか、チェックしてみるとよいでしょう。

猫に気軽にあげてしまいがちなものには、スナック菓子が挙げられます。スナック菓子には大量の油と塩分が使用されているため、猫にとっては油と塩の摂り過ぎ状態になってしまうので、健康状態も悪くなってしまいます。

猫が太ってくると、運動量も低下してしまう傾向があります。ねこじゃらしを使って遊んであげると、運動量も増します。猫の健康のためには、適度な運動も必要です。また、キャットフードを与えるにはその猫に適したエネルギー要求量を知っておく必要があります。

キャットフードの中には、ダイエット用のキャットフードがあるので、こうした製品を利用して猫のダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。猫用のダイエットフードには、全体の総カロリーが低く抑えられており、普段食べるキャットフードの量で満足させることができます。またキャットフードに含まれる内容も食物繊維が豊富に含まれているため、腹もちをよくさせる効果や、排便効果もあります。

ダイエット中の猫には、やわらかいウェットタイプのキャットフードよりも固く噛みごたえのあるドライタイプのキャットフードを与えるようにしましょう。噛みごたえがあるので、キャットフードの食べ過ぎを防ぐことができます。

↑ PAGE TOP